初の国際舞台で、空手道の新垣愛花(23)が4位に輝いた。7月にトルコで行われた聴覚障がい者による国際スポーツ大会「夏季デフリンピック」の女子形に、日本代表として唯一出場。3位決定戦で敗れてメダルは逃...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)