東北楽天は八回に失った4点目が重かった。2死一塁から伊藤が放った右翼線への飛球にオコエが飛び付いたが捕球できず、痛恨の適時三塁打を許した。積極性が裏目に出た形で、オコエは「捕れると思った。でも結果的...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)