定位置の1番でスタメン出場した西川が、2二塁打を含む3安打&2打点と躍動した。それでも試合後の表情は険しいままだった。  最後の打席が悔やまれる。2点を追う九回の攻撃だ。一死から代打の田中賢が中前...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)