ロッテの成田翔(秋田商高出)が1点リードの延長十回、プロ2年目で初登板を果たした。先頭打者の秋山はフルカウントからの直球で左飛に打ち取ったが、続く源田に四球を与えると森に右前打を浴びて降板。後を受け...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)