◆スポーツとして観戦を楽しんで  今年七月のパラリンピック陸上の世界選手権で、リオデジャネイロ・パラ王者を退け、男子400メートル、1500メートル(車いすT52)で二冠を果たした佐藤友祈選手(27...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)