仙台がクラブの歴史を塗り替えた。リーグ首位に立つ鹿島との準々決勝第2戦に敗れ、1勝1敗となったが、2試合の得失点差で上回り初の準決勝進出をつかんだ。  昌子、植田ら守備の中心を欠く相手を積極的に攻め...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)