日本ハムは2―2の七回に石井一が3号3ランを放って競り勝ち、連敗を3で止めた。一回は大谷と中田の連続適時打で2点を奪った。2番手の宮西が4勝目。プロ初先発の石川直は5回2失点だった。ロッテは2度のバ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)