【ブダペスト共同】柔道の世界選手権最終日は3日、ブダペストで男女混合団体戦が行われ、第1シードの日本はブラジルとの決勝を6―0で圧倒して優勝した。初戦の2回戦でウクライナ、準々決勝でドイツ、準決勝...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)