7月にカザフスタンで開催された空手の第16回アジアジュニア&カデット・アンダー21大会の男子組手55キロ級で、宮城県大崎市出身で拓殖大2年の本田拓斗選手(20)=仙台城南高出=が、準優勝を果たした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)