2020年東京五輪のメキシコ選手団の事前合宿地に、広島県東部では福山、尾道、三原の3市が選ばれた。県内最多の8種目を受け入れる福山は、希望通りの決定。市や競技関係者は29日、喜びや期待の声を上げた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)