2020年東京五輪の事前合宿を広島県内で実施するメキシコ側が、出場を見込む全26種目のうち25種目の合宿地を広島、福山、三次市など9市町に決め、県に伝えたことが28日、分かった。福山市で最多の8種目...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)