インバウンド(訪日外国人客)向けに多言語対応機能を搭載した超小型電気自動車(EV)が、山陰海岸ジオパークを有する岩美町に配備されることになり、2年間にわたる実証実験プロジェクトの協定調印式が28日、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)