広島の新井が、かつての「定位置」で色あせない輝きを放っている。右足くるぶしを骨折した鈴木に代わって4番に座ると、3試合で打率3割6分4厘。打線の柱として「ここからラストスパート。力を振り絞って『よし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)