プロ初の“本職”である「9番・遊撃」で先発出場した太田が、攻守でチームに貢献した。  まずは三回の第1打席。投手強襲の内野安打を放ち、逆転劇の起点となった。四回に回ってきた打席でも犠打をきっちりと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)