背番号「8」がマウンドで躍動した。篠山鳳鳴は主将の山崎が変化球を駆使して2安打完封。同校では初めて、兵庫勢としても6年ぶりの準決勝進出を呼び込む快投に、稲谷監督も「期待通りのピッチング」と目を細めた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)