東北楽天先発の安楽は七回途中2失点(自責点1)の粘投が報われなかった。シーズンが終盤に差し掛かって痛い4敗目を喫し「内容がどうこうではなく、勝たないと意味がない。粘り切れずに悔しい」と怒りを押し殺す...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)