大会を通じて好リードが光った花咲徳栄の捕手須永。広陵・中村との対戦も「ビデオでは弱点が見つからなかったが、試合の中で探るうちに緩急に弱いと感じた」と変化球主体の配球で2三振を奪い、本塁打を期待するス...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)