最後まで、信じる野球を貫いた。花咲徳栄は16安打14得点の猛攻で決勝を制し、埼玉県勢として初の頂点に立った。この日3安打4打点の3番西川は「大会を通じて(破壊力のある攻撃を)実現できた」と誇らしげだ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)