2020年東京五輪・パラリンピックを契機に障害の有無に関係ない共生社会を目指す川崎市の「かわさきパラムーブメント」の取り組みを広めようと、「かわさきPARAフェス2017夏」が20日、JR川崎駅西口...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)