「今までで一番強かった。相手が上でした」。  先発した三浦瑞樹(3年)は八回を投げ7失点。全力投球を貫いたが、勝利を呼び込むことはできなかった。  五回、相手主軸の3番西川愛也(3年)を三振に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)