秋季四国六大学野球リーグが19日に開幕し、坊っちゃんスタジアムで3試合が行われた。春季4位の愛媛大は8―1の八回コールドで鳴教大を下した。春季5位だった松山大は高工大に延長十回で3―5で敗れた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)