リオパラリンピックで銀メダルに輝いた障害者スポーツ「ボッチャ」の日本代表候補の選手ら18人が19日、鈴鹿市のスポーツの杜鈴鹿で、県内の小学5年~20歳の障害者9人にボッチャを指導した。参加者は障害の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)