「この試合はどうしても負けたくなかったんですよね」。3安打3打点と躍動し、準々決勝進出の原動力となった6番打者はニヤリと笑った。  特別な思いを二つ抱いた3回戦だった。「母の誕生日祝い」と「甲子園で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)