自己免疫の異常などで発症する1型糖尿病の患者で、横浜国立大学付属鎌倉中学2年の大原慎人さん(13)=逗子市在住=がこの夏、逗子-広島間の自転車旅を成功させた。患者数が少なく、症状や特性の認知度が低い...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)