▽メッツ―マーリンズ(19日・ニューヨーク)  マーリンズのイチローは1―7の八回に先頭で代打として出場し、1打数無安打だった。内容は遊飛で打率2割4分5厘。  同僚の田沢は1―7の六回2死から3...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)