兵庫大会5試合で四死球3と抜群の制球力を誇った神戸国際大付のエース岡野は本来の姿を見せられなかった。  立ち上がりからボールが先行。二回は2死から二塁打を許すと、連続四死球でピンチを広げ、捕逸で先...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)