左肩のけがで離脱している東北楽天の松井裕樹投手が17日、イースタン・リーグのロッテ戦(ロッテ浦和)で故障後初めて実戦登板し、1回無失点だった。1安打を許したが、2三振を奪った。  松井裕が実戦のマウ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)