夏の甲子園2回戦で敗退した航空石川のエース佐渡裕次郎投手(3年)は17日、地元輪島に戻り、「記憶に刻みながらボールを投げた」と夢の舞台を振り返った。中学からの親友でチームメートの廣岡勇斗さん(同)と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)