試合出場の機会が少しずつ増え、自分のストロングポイントや課題がより明確になったプロ4シーズン目。自分の成長を感じながら課題にもチャレンジし、充実した時間を過ごしています。J1の公式戦でベンチ入りでき...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)