自らの持ち味を凝縮させたプレーだった。捕手の牧田龍之介は「自信がある」と自負する強肩で、四、六回の先頭打者をいずれも捕殺。相手の攻撃の芽を摘み取り、「練習でも何度かやっていたこと」と深くうなずいた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)