「甲子園で勝てる投手になりたい」。日本文理の主戦稲垣豪人が7安打2失点に抑える粘りの投球を見せ、有言実行を果たした。  四回途中から3番手で登板し、130キロ台中盤の直球とスプリットを低めに集めた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)