甲子園の高知代表・明徳が8月15日に2回戦を戦う前橋育英(群馬)の投手陣は、最速140キロ超を4人そろえる大会屈指の陣容を誇っている。センバツ大会で中村が1―5で敗れた相手でもある。    群馬大会...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)