■構成変更重圧乗り越え  数々のパフォーマンスに観衆がどよめき、惜しみない拍手を送った。新体操男子団体の神埼清明が、4年ぶりに悲願の日本一に返り咲いた。昨年までは2年連続で準優勝。中山智浩監督は「メ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)