夏の甲子園初出場を果たした福井県代表の坂井高で二遊間を組む松浦光輝選手、吉田温郎(あつろう)主将は、グラブに意外な共通点がある。いずれもベンチ入りできなかった3年生のものを借りて使っているのだ。「仲...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)