初回から打線がつながり、点の取り合いを制した高田少年野球スポーツ少年団が15年ぶりの栄冠を手にした。水之江慧汰主将(6年)は「打撃戦を勝つことができてうれしい」と最高の笑顔を見せた。  高田は1点差...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)