チリのサンティアゴで開催中の世界カデ(15~17歳)柔道選手権は10日、男女個人計4階級が行われ、県勢として初めて同大会に出場した男子個人66キロ級の桂嵐斗(長崎日大高)が金メダルを獲得した。同階級...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)