有終Vへ好スタート-。今春の選抜大会まで3季連続甲子園4強の秀岳館(熊本)が横浜(神奈川)との注目対決を6-4で制した。5安打を集中した初回に3点を先制し、7回には代打橋口将崇(2年)の適時打で加点...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)