「付いてこい」とチームを率いる主将ではない。「プレーでみんなを引っ張っていきたい」。その言葉通り、この日、本塁打を含む3安打の活躍でチームを鼓舞し続けた。  序盤、最速140キロ台後半の速球を持つ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)