早稲田佐賀の8番鈴木隆太が意地を見せた。5点を追う七回裏無死一、二塁。初球のスライダーを気迫を込めてはじき返すと、打球は左前に鋭く飛んだ。これが適時打となり、チーム初得点を呼び込んだ。  父親が野...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)