剣道女子団体の三養基は、過去3度全国制覇している守谷(茨城)に一歩及ばず、5年ぶりの決勝トーナメント進出を逃した。八坂嘉博監督は「大将戦につなぐ理想的な展開だったが、相手が上だった」と唇をかんだ。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)