なぎなた団体の佐賀東は、苦しみながらも予選リーグ2連勝で2年ぶりに決勝トーナメントに進出。立役者は大黒柱の有吉夕妃だった。  初戦の長府(山口)戦は緊張もあってか、全体的に硬さが見られたが、有吉は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)