日本文理の主戦稲垣豪人が鳴門渦潮(徳島)戦に向け順調な仕上がりを見せている。「チームが勝つための投球をしたい」。穏やかな表情の中にも、エースとしての闘志を燃やしている。  10日はシャドーピッチン...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)