4時間半近い熱戦に選手会長が終止符を打った。延長十一回1死一、二塁から、東北楽天の銀次が左中間への適時二塁打を放ってサヨナラ勝ち。二塁を回ったところでチームメートの手荒い祝福を受け、「冷静に打席に入...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)