女子団体の藤枝順心は初戦の2回戦で天理(奈良)に敗れたが、1年の大将袴田が一矢報いた。  先鋒(せんぽう)山上が一本負けし、中堅梶田も引き分け。後がない状況で、袴田は積極的に攻めた。2度の技ありを奪...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)