柔道男子100キロ級の米山(東海大翔洋)は、3度目の全国総体で初めて準々決勝に進んだ。ただ、もっと上にいける自信はあった。目標としていた日本一に届かず、「甘さがあった。納得していない」とつぶやいた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)