全中に弾みを付ける跳躍だった。男子共通走り高跳びは太田(磐田竜洋)が30年前の大会記録を1センチ更新する2メートル01で制した。「今日は2メートルを絶対に跳ぼうと思っていた」。3度目でバーを軽やかに...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)