秋田市内の中学校から選抜されたラグビー部員ら35人が10日、フィジーの中高生と同国でゲームなどを通して交流するため、同市雄和の秋田空港を出発した。同市は2020年東京五輪・パラリンピックで、「ホスト...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)