序盤から試合の流れを支配した聖光学院。チームの精神的支柱が、その立役者となった。主将仁平勇汰(3年)の一振りが、打撃陣のスイッチを入れた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)