会心のスライダーで勝利を決めた背番号1は、マウンド上で喜びをかみしめるようにガッツポーズした。盛岡大付の平松竜也(3年)は制球に苦しみながらも被安打2、9奪三振で投げ抜き、作新学院(栃木)の連覇を阻...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)