大震災を経験した東日本と阪神・淡路の子どもたちが交流する「未来の宝 夢と希望と絆の架け橋プロジェクト」の一環として、宮城県塩釜、東松島両市の児童計35人が9日、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)